幼児教室に通う時期別のメリット

幼児教室に通う時期別のメリット

幼児教室に通う時期別のメリット 4歳は幼稚園年少に該当する年齢で、排せつのタイミングが完全に分かるようになったり、衣類の着脱もお子さま自身でできるようになり、少しずつママもお世話が楽になっていきます。また、決められたルールや役割を守るようになり、お友達と協力し合って遊ぶことができるようになっていきます。
言葉の習得も格段に進み、お子さま自身が思っている気持ちや体験したことを言葉で自由に話せるようになります。この貴重な時期に、幼児教室で多くの人と会話することや、お話を聞いてもらえる喜びの経験をたくさん積み上げることにより、自分自身を表見することの楽しさを学ぶことができます。
学習面でも1から10程度の簡単な数の増減やお絵描きなどの制作も上達する時期なので、幼児教室を通じて知ることの喜びを感じながらしっかりとした学習の基本中の基本を学ぶことが重要です。
自己と他者の気持ちの違いなどをこれから学ぶ年齢なので、集団になかなかなじめなかったりお友達とうまくかかわりにくいこともある年齢ですが、まず自分の気持ちを大切にすることで、だんだん人の気持ちを大切にできるよう学習していきます。

詰め込み教育の全肯定は時期尚早

詰め込み教育の全肯定は時期尚早 子どもの発達は人それぞれ違いますし、体の発達も人によって全く違います。この年齢の子どもはこうだからこれくらいできないとおかしいということは一概に言えないですし、言ってはいけないわけです。幼児教室の中には0歳児からみっちりと教育を仕込むのを方針としているところもあるようですが、それがすべてのお子さんの発達にいい効果をもたらすとは言い切れません。
大人がこうしたらいいという考え以上に、お子さんの発達段階と実際の発達の様子を見ながらできることをしていくのが一番望ましいというのが昨今保育や教育に携わる人たちの間からは言われています。5歳くらいの時期は発達段階としては、コミュニケーションがこれまで以上にできるようになる年頃だと言われています。幼稚園や保育園でお友達とコミュニケーションを取ったり、文字に興味を持ち始めるのもこの時期です。幼児教室に通わせるのであれば、お子さんの言語能力を伸ばしてくれるような教室、またお子さんが自分から興味を持ったことを伸ばしてくれるようなところに通わせてあげると、お子さんにとっても無理なく通うことができると思います。

新着情報

◎2022/3/22

情報を更新しました。
>幼児教室の学費は内容によってもピンキリです
>幼児教室にも様々なデメリットがあるので注意
>事前に確認!年齢制限のある幼児教室もあります
>幼児教室を小学校受験に備えて利用するべき
>評判が良い幼児教室と先生の授業に進め方に注目

◎2021/5/27

勉強が好きな子どもになる
の情報を更新しました。

◎2021/1/14

幼児教室に通う時期別のメリット
の情報を更新しました。

◎2021/1/14

サイト公開しました

「幼児 教室」
に関連するツイート
Twitter

私も都内で幼児教室を運営していて、被害に遭いかけましたし、実際に不動産を取られた保護者さんもいました。最近では共同経営を持ちかけ取り込もうとする被害に遭いかけました。共同経営オファー詐欺みたいなのは、これまで3回ほど声をかけられましたから、旧統一協会(勝共連合)の定番手口かも。

“How to develop children’s cognitive ability; 「認知能力の育て方」

療育的なものをやらず、家で色々やってる。←うんそれで親子が穏やかに過ごせるならそれでいいやん。 で?誰に向けて何を言いたいの?私が捻くれてるのか、トゲを感じるなぁ… そもそも療育は幼児教室ではないし、言ってることお門違いでは… と、なんか見て思う…

幼児教室もなかなか面白そうだけど、時給安いわ。

日程を追加してほしい!とお声をいただいたので、8月27日㈯、自宅にて幼児〜低学年向けの漢字教室を開催します😁実は漢字って簡単に読めるので、学年関係なくステップアップできるから、どんどん自信がついていきます✨もっと読みたい!と顔を輝かせるお子様を見れますよ💖